空港を楽しむ(成田空港展望デッキ)

今回は、成田空港第1、第2ターミナル屋上の展望デッキについてです。

成田空港展望デッキ

成田空港には、第1、第2ターミナル4階に展望デッキがあります。

駐機スポットや、滑走路を見渡すことができ、成田空港に発着する飛行機を眺めることができます。第1ターミナル、第2ターミナル共に、展望デッキの近くに駐機スポットがあり、ここに駐機する飛行機は、スマホのカメラでも問題なく撮影できます。

特に第2ターミナルには、多くの航空会社が就航していますので、楽しめます。

※この記事を書いている2020年2月の段階では、成田から世界各地へ、各地からも成田へ多くの便が就航しています。しかし今後オリンピックに向けて、2020年3月以降デルタ航空の成田撤退と羽田移管、ユナイテッド航空の主要路線の羽田移管、アエロフロートのモスクワ行きも羽田移管と、羽田シフトが進む予定です。

成田空港は都心から距離がありますが、これから空港に向かうんだという旅情があります。私はそれが何とも好きなのです。

展望デッキはベンチもありますので、ゆっくり座って眺めることができます。

※当ブログで撮影している画像が断りがない限り、全て筆者が自前で撮影しています。

展望デッキ入り口には、このようなパネルがあり、成田に就航している航空会社の説明を見ることができます。

展望デッキからの景色(第2ターミナル)

展望デッキの近くに駐機するJAL機

展望デッキの前には、いくつもの駐機スポットがあります。

モスクワ行きアエロフロート機

マニラからのセブパシフィック航空便。

着陸、離陸しようとしている飛行機もこのようによく見ることが出来ます。

展望デッキ(第1、第2)には、下の写真のように、カメラで撮影しやすいような穴がフェンスに開いており、飛行機を撮影したいファンにはもってこいです。

私は撮影しながら、コンビニで買ったお酒を飲んだりするのが好きです。第1、第2ターミナルとも、展望デッキと同じ階にコンビニがあります。

第1→ローソン

第2→セブンイレブン

展望デッキからの景色(第1ターミナル)

第1ターミナルの展望デッキは、航空会社のバリエーションこそ第2ターミナルよりも少ないものの、滑走路がよく見えます。滑走路に着地した瞬間も良く見ることが出来ます。

第1ターミナルは、デルタ航空やANAがメインの航空会社となります。

私はNIKON Coolpix B500という機種を使用しています。

一眼レフと呼ばれるではなく、あくまでデジカメに望遠レンズがついたものです。

本体だけだと22,000円程で、とてもお手頃です。私はカメラは全くの初心者で、一眼レフは、レンズのことなどが全く分かりません。レンズも別途追加で買う必要がなく、スタートしやすそうなこの機種にしました。

別記事で、改めてカメラの紹介もしたいと思います。

まとめ

成田空港へは東京駅、大崎駅から1,000円の格安バスが就航しています。

神奈川、東京の方も、成田ヘは案外安くアクセスできます。

休日には是非、展望デッキで飛行機ウォッチを楽しんではいかがでしょうか。