空港のチャート(スポット図や誘導路図等)を見る方法

空港のチャートを見る方法

空港にはランプ(駐機場)があり、車の駐車場と同じように、各スポット(車で言えば駐車場の番号)には番号が割り振られています。

ランプやスポットといった用語についての解説は、以下の記事をご参照ください。

今回は、航空知識編です。 用語の解説、そしてそれらの用語を、グランドスタッフがどう使うかです。 ランプ 航空機が駐機されて...
AIS JAPANを使ってみましょう

国土交通省が運営する、以下のサイト(AIS JAPAN)では、空港の運用時間、空港のチャートを無料で閲覧することができます。

利用するには、メールアドレスの登録が必要で、少しだけ手間が必要です。しかし、一度登録してしまえば、日本中の空港のデータが見放題で、航空ファンには強い味方となります。

初訪問の方はまず、new user: create a new accountをクリックしてユーザー登録してください。

その後ログインしていただくと、AIPというメニューがありますので、クリック。その後、「Publication date」という項目が表示されます。更に、「Effective date」という項目が表示されます。「Effective date」とは、発効日のことです。つまり、そのAIPデータが有効となる日です。運航乗務員の方は、常に最新のものを使用する必要があります。

次に「AD 2 AERODROMES」というメニューがありますので、見たい空港をクリックします。

各空港は、ICAOの4レター(例:羽田はRJTT、成田はRJAA)で記載されています。例えば羽田の例ですと、RJTT AD 2.24  CHARTS RELATED TO AN AERODROMEをクリックし、Aerodrome Chat-1をクリックすると、空港内のチャートが見られます。

実際のチャートは、以下のようなものです(羽田空港のもの)。

※画像はAIS JAPAN提供のチャートを画像に変換して使用しています。

空港チャートの楽しみ方
国内線のフライト情報を検索できます。羽田空港旅客ターミナル公式サイトです。

例えば羽田の場合、上記サイトで国内線・国際線フライト情報が提供されており、出発便に関しては、使用スポットの情報が提供されています。

機体撮影の際は、スポット情報を調べておき、どこの場所から撮影するのか(展望デッキやその他の場所)を予め考えるには、最適です。

友人、家族を空港に見送りに行く、といった際も同様に有効です。

まとめ

航空関係で運航乗務員の方、オペレーション関連の方の使用が多数だと思いますが、航空ファンにも大いに活用できるツールだと思います。

私もプライベート・チャーター機ハンドリング会社に入社するまで知らなかったツールですが、一航空ファンとなった今でも活用しています。無料ですので、是非お試しください。

※アイキャッチ画像ならびに冒頭写真は、無料画像のPixabay(https://pixabay.com/ja/)からお借りしました。