灼熱のランプ

ランプとは?

ランプとは、簡単に言うと航空機が駐機している場所(アスファルト舗装)のことです。駐車場の航空機バージョンとお考え頂ければ、わかりやすいかと思います。

ランプという用語ついては、以下の過去記事でご説明しています。

今回は、航空知識編です。 用語の解説、そしてそれらの用語を、グランドスタッフがどう使うかです。 ランプ 航空機が駐機されて...
ランプの過酷な環境

さて、グランドスタッフにとってのランプは、出発直前にゲートバゲージ(ゲートのPAXからお預かりしたベビーストローラー等のお荷物)を、ランプ担当のグラハンさんに渡す場合ぐらいしか、降りる機会がない場所です。

しかしグラハンスタッフは、シップにバゲージを搬送したり、LAV(トイレ)、WAT(飲料水)、デアイシング(除雪や除氷)をしたりと、作業のメインとなる場所です。

私自身は、プライベート・チャーター機のハンドラーとして、オフィスの次に頻繁に訪れて、長い時間を過ごしていた場所でもあります。

オフィス近くのゲートからランプ内に車を運転して入り、シップサイドへ。ターミナルからシップへ、またはシップからターミナルへとCREWを運転して送迎したり、グラハン作業のスーパーバイズをしたりと、色々な作業をしていました。

ランプにはもちろん屋根はないため、雨や雪、風を遮るものはありません。私の場合は、乗っている車両に避難するという選択肢がありましたが、作業時にはもちろん外に出なければならないため、過酷な環境を味わいました。

私の勤務空港は温暖な地域に位置することもあり、作業中に雪に遭遇することはほとんどありませんでした。しかし、台風が接近している中、駐機中の航空機の見張り番をしたり、冬の夜中、極寒の中のハンドリングは、早く終わって欲しいと思ってしまったものでした。

プライベート・チャーター機ハンドラーは航空機版のコンシェルジュと言っても良く、運航に関わることなら何でもこなします。 こんなことまでや...
まとめ

特に今の時期(8月)は、道を歩いていると照り返しが非常にきついことがあります。アスファルトの照り返しは、ランプで仕事をしていた頃を思い出させてくれます。しかし、航空機のハンドリングは、多くのグラハンスタッフが、風雨や雪に負けず、作業してくれるからこそ、成り立つのですね。

※アイキャッチ画像は、無料画像のPixabay(https://pixabay.com/ja/)からお借りしました。