グランドスタッフの業務(到着編)

到着業務

今回は到着業務について、見ていきましょう。

到着業務は以下のようなことをします。

到着便のドアオープン

到着便の機側(シップサイド)にスタンバイし、到着便のドアオープンに立会います。

※シップサイドとは、PBB(ボーディングブリッジ)の先端部分といった、飛行機が到着する場所のすぐ近くのことです。

飛行機が到着すると、PBB(ボーディングブリッジ)を飛行機に取り付ける作業をグラハンさんが行ってくれます。

作業が終わると、グラハンさんまたはグランドスタッフが機内のCAに、ドアを開けてもokのサインを送ります。

機体のドアが開いたら、降機する旅客の数、ケアが必要な旅客等の情報をチーフパーサー(常務しているCAのトップ)引き続き、旅客が降機します。

特別なケアの必要な旅客のケア

車椅子、目の不自由なお客さまといった、お一人では降機が難しい旅客のケアを行います。

LL(Lost & found)業務

到着した旅客は、検疫、入国審査を経て、チェックインバゲージが返却されるターンテーブルに到着します。

LL担当のグランドスタッフは、飛行機が予定していたスポット(駐機場)に入る少し前に、到着ホール(BC、Baggage Claimと呼ばれます。)で待機します。

BCに到着したら、グランドスタッフはターンテーブルに便名と荷物のステータスを表示させる準備を、端末で行います。

※ステータスとは、「手荷物返却準備中」、「手荷物返却中」といった表示のことで、ターンテーブルの真ん中あたりにディスプレイがあり、旅客は自分の搭乗していた便のチェックインバゲージが返却されているかどうかを確認できます。

飛行機が駐機場に入ると(ブロックインと呼びます)。飛行機の貨物室のドアを開け、グラハンさんが乗客の手荷物や貨物の搬出を開始します。

荷物を搬出準備中のフィリピン航空機

貨物室のドア(カーゴドア)を開け、荷物搬出準備をする、マニラからのフィリピン航空機。

遠いスポットであれば、チェックインバゲージの返却が始まるまで、ブロックインから20分以上かかる場合もあります。

チェックインバゲージの返却が始められる段階になると、グラハンさんからトーキーで、「××便バゲージ返却開始します。」との連絡が入ります。

バゲージ返却開始

チェックインバゲージの返却が始まりました。

順調に手荷物が返却され、ターンテーブルの周辺の旅客も続々と帰路につきます。

しかし、ここで問題が発生します。最後にターンテーブルの傍にいた旅客から、チェックインバゲージが出てこないとの申告です。

未着発生

旅客からの申告は、この便の前に乗り継ぎがあり、その便が遅れていたとのことでした。

※例えば以下のような場合です。

セブ(CEB)-マニラ(MNL)-羽田(HND)

旅客はセブの空港でバゲージを羽田までチェックインしました。しかし、セブ発マニラ行きは、マニラ空港への到着が遅れ、マニラ発羽田行きの飛行機に当該旅客のバゲージを搭載できませんでした。

未着対応

グランドスタッフは旅客に書類を書いて頂くとともに、ワールドトレーサーと呼ばれる航空手荷物検索システムで、手荷物の位置を検索します。

幸い、当該便の出発空港にあることがわかり、翌朝の便でこちらの空港に送ってもらうことになりました。

旅客も冷静で、丁重にお詫びした上、すぐに帰宅されました。

※旅客によっては、ヒートアップ人もいます。日本人旅客にその傾向が強いです・・・

まとめ

グランドスタッフの仕事には、チェックイン、ゲートといった華やかなイメージが強いかと思います。しかし到着業務は非常に地味で、LL業務はもはや敗戦処理のような仕事といって差し支えないと思います。

今後もグランドスタッフ業務について、シリーズでお送りする予定です。