ケータリング会社の機内食ネット販売とプライベート機のケータリングについて

旅客便のPAXの激減に伴い、ケータリング会社もまた不況に立たされています。少しでも収益を確保しようと、ネットで在庫の機内食を販売する会社も出てきました。

※アイキャッチ画像は、無料写真素材のACさんからお借りしました。

無料写真素材を提供する「写真AC」のフリー写真素材は、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記やリンクは一切不要です。Web、DTP、動画などの写真素材としてお使いください。

ゲートグルメ(オーストラリア)が機内食をネットで販売

An in-flight catering service is now selling 'gourmet' airline meals to everyday Australians, with prices starting from as little as each.

現在、エアラインケータリング最大手である、ゲートグルメ社(オーストラリア)が、エアラインの機内食を1つ2AUD(オーストラリアドル)で販売中とのことです。旅客需要激減で余ってしまった在庫を一掃するためのようです。

1AUDは現在75円程ですので、日本円では150円余りですね。通常の電子レンジやオーブンで調理可能です。

エアラインの機内食が、家庭でも食べられるのは魅力的ですね。日本にもゲートグルメジャパンがありますので、是非とも販売して頂きたいです。

ゲートグルメの機内食(プライベート・チャーター機向けの機内食も手配してくれます)

ゲートグルメグループは世界中で事業を展開しており、日本については前述のゲートグルメジャパンが事業を行っています。外資系エアラインの機内食を製造している会社です。

キャセイパシフィック航空(CX)やカンタス航空(QF)の機内食は、ゲートグルメですね。

成田空港で撮影(2020年1月撮影)した、ゲートグルメジャパンのケータリングトラック。

その他、プライベート・チャーター機の機内食も取り扱っています。プライベート・チャーター機向けのメニューが存在し、そこからPAXに選んでもらう形となります。その他にも、予算や好みを伝えると、それに合わせた柔軟な対応をしてくれ、プライベート機のハンドラーにとって、とても心強いパートナーです。プライベート・チャーター機ハンドリングの際は、シップサイドまでデリバリーしてくれ、便利です。

メニューを見ながら、これが食べたいなと同僚達と話したのを覚えています。ケータリング手配は、空腹時にはちょっと過酷な作業ですねw

まとめ

私がプライベート・チャーター機ハンドラーをしていた頃、同社のメニューを試食する機会もあり、楽しかったのを覚えています。普段はメニューを見て想像を膨らませるだけなのですが、実際に食べてみるとやはり嬉しいものです。

航空機のハンドリングが減ってるということは、ケータリング会社も含めて、業務が減少しているということです。ゲートグルメジャパンさんにも、是非家庭やオフィス向けに、機内食を販売して欲しいと強く思ってしまったニュースでした。