ヤクーツク航空 R3/SYL(ヤクティアエア)のチャーター便

成田のヤクーツク航空チャーター便

昨年12月30日、管理人は成田に撮影行きましたが、たまたまヤクーツク航空 R3/SYL(ヤクティアエア)の機体を見かけ、撮影することができました。後で確認してみると、チャーター便であることがわかりました。

運航区間はハバロフスク(KHV)⇔成田(NRT)です。

運航スケジュール

R39945便 ハバロフスク 11:50 / 成田 13:15

R39946便 成田 14:45 / ハバロフスク 18:10

ロシアのヤクティア・エアは2020年11月25日(水)、12月9日(水)、12月30日(水)の3日間、成田/ハバロフスク間で特別チャーター便を運航します。運航便数は1日1往復の計3往復6便です。ハバロ...

因みに、ハンドリングはIAJ(Inter Aviation Japan)社が担当しています。

インターアビエーション・ジャパン(IAJ)は、羽田空港・成田国際空港・新千歳空港を中心に日本各地の空港でのグランドハンドリング(ground handling)業務や航空支援業務など、さまざまな航空関連サービスを行っています。

12月30日当日の様子

機体番号はRA-89035で、機種はSU95(Sukhoi Superjet 100-95LR)です。

機体番号については↓

グランドスタッフが業務で使用する用語を解説します。

Sukhoi Superjet 100-95LRは、ロシアのスホーイ社製の航空機で、座席数は100席程です。因みに、機種名の語尾の「LR」はLong Rangeの略です。下記リンク情報によると、LRばバージョンの航続距離は、4,578kmとのこと。

4,500kmに近い距離で分かりやすい目安を提示すると、羽田ーホーチミンの距離が4,323kmです。

尾翼のオーロラが綺麗ですね。

青空に輝く星。シベリア地方の空を連想させてくれます。

スホーイ機のトーバー・トーヘッド

航空機をプッシュバックまたはトーイングする際、トーイングカーと航空機を繋ぐパーツとして、トーバーとトーヘッドがあります。

トーイングカーは、出発時に航空機をスポットからプッシュバックする、またはあるスポットから別のスポットへ移動する際に使用します。 トーバ...

調べてみると、トーバーはSuperjetとB737、A320で共通使用ができるものがありました。

※Superjet 95には、SSJ100(Superjet100)のものが使用可能。画像は下記リンクより引用。

JMS AG - manufacturer of towbars for aircraft towing, pushback & aviation ground handling of narrow, wide body & regional aircraft and business jets. We always ...

しかし、トーヘッドに関しては、独自のものが必要になると考えられますので、ハンドラーのIAJ社がSuperjet専用のものを、所有しているものと思われます。

ロシア入国情報

2020年11月1日以降、入国制限が緩和され、日本からロシアへの直行便での入国であれば、ロシアに入国することは可能(日本国籍者と日本に定住する外国人に限る)になっています。

日本国籍者がロシアに入国する場合、旅行であってもビザが必要で、ロシア旅行の場合、それがちょっと大変ですね。私も2014年、ロシアに旅行に行ったのですが、旅行代理店にパスポートを預け、ビザを代理所得してもらいました。

ハバロフスクの風景

テレビ局の建物。いかにもなソ連時代の建築ですね。

Spaso-Preobrazhensky Cathedral

上の写真の教会脇にアムール河が流れており、この写真を撮ろうとして歩いていた際、凍結した路上で滑りそうになりました。

このとき3月上旬で、早朝の気温は-30℃ほどでした。iphoneのバッテリーがあっという間に切れてしまい、予備バッテリーがないと使い物になりませんでした。

レーニン広場。

シベリアの自然は雄大ですが、過酷さを痛感しました。教会はどこも扉を開けていて、中はとても暖房が良く効いていました(残念ながら、内部は撮影禁止)。教会の中で静かに過ごしていると、とても穏やかな気持ちになれたのを覚えています。特に正教会は内装がとても美しいですし、クリスチャンでない方も是非ご覧頂きたい場所です。

まとめ

ハバロフスク行チャーター便。私の当日の撮影目的はスターラック航空だったのですが、偶然ヤクーツク航空の機体も撮影でき、ロシアの雄大な大地を思い出してしまいました。

スターラックス航空の成田発着便(JX800/801) スターラックス航空(JX/SJX)は、エバー航空元役員の張 國煒氏が設立したエアライ...

気軽に海外旅行に行ける日が来ることを、強く願っています。