SU260/261 アエロフロート・ロシア航空羽田便

アエロフロート・ロシア航空SU260/261便

本来、2020年3月より、成田から羽田に移管する予定だった、アエロフロート便。コロナウイルスの影響で、11月5日より運航を再開し、羽田就航開始となりました。

運航スケジュール

SU260便 モスクワ(木)22:30 / 羽田(金)14:15(+1)

※モスクワを木曜日の現地時間22:30発、羽田には翌日金曜日14:15着。

SU261便 羽田(土) 08:00 / モスクワ 12:20

※羽田を日本時間土曜日08:00に出発、モスクワには土曜日の12:20着。

アエロフロート・ロシア航空は2020年11月5日(木)から、羽田/モスクワ・シェレメーチエヴォ線の運航を再開します。運航は、モスクワ発が木曜、羽田発が土曜の週1便で開始し、その後、羽田発が土、日、モス...

チェックインカウンターの様子

第3ターミナル、Cカウンターを使用

私がグランドスタッフ時代、アエロフロートのロゴを羽田で見ることはありませんでしたので、とても新鮮です。私は土曜日の朝、08:00の出発便狙いで行きました。

カウンターに到着したのは、07:30頃でした。グランドスタッフ時代の同僚は、私よりも一時間程早く到着していたのですが、カウンターガラガラだったとのことです。やはり貨物メインだと思われます。

※現在、ロシア入国は、日本国籍者もビザがあれば可能だそうです。ただし、直行便でロシアに到着する必要があります。

展望デッキからの眺め

スポットは105番です。展望デッキからだと、非常に見えにくい位置で、駐機時は尾翼しか見えません。ブロックイン、ブロックアウト時が狙いですね。

※黄色部分が105番スポット。 https://aisjapan.mlit.go.jp/Login.doのチャートより、お借りしました。

空港内のチャートの見方

上記リンク、国土交通省航空局が提供する、「AIS JAPAN」では、空港内のスポット図等が無料で参照できます。使い方は、以下の記事をご参照ください。

空港のチャートを見る方法 空港にはランプ(駐機場)があり、車の駐車場と同じように、各スポット(車で言えば駐車場の番号)には番号が割り振られ...

ブロックイン、ブロックアウトといった用語解説

今回は、用語解説です。 グランドスタッフが頻繁に使用する用語でもありますが、航空知識とも言えると思います。 PAXドアクローズ(...

この日のブロックアウトは、07:55でした。

機体番号は「VQ-BFY」。A350-900で、2020年製の新型機です。

※画像はFlightradar24からお借りしました。

機体の愛称は、P.チャイコフスキー。

ハンドリングはCKTS社です。

34Rよりテイクオフ。

まとめ

出発は土曜日ということもあり、土日休みの方は狙いやすいと思います。しかし、8:00出発はなかなか早いですね。

Fカウンター前のクリスマスツリー

まだまだ国際線カウンターは寂しい状況が続いています。一刻も早い海外旅行解禁が望まれるところですね。