30代からのグランドスタッフ

グランドスタッフに多い年齢層は、何といっても20代前半です。当ブログの以前の記事でも、グランドスタッフと年齢層というトピックをお送りしています。

今回は、グランドスタッフの年齢構成についてお話したいと思います。 グランドスタッフ(旅客)の職場の年齢構成 私がグランドハンドリ...

しかし、30代でグランドスタッフを志望の方もいらっしゃいます。30代で目指志望される方にとっては、どのような注意点があるのでしょうか。

※アイキャッチ画像は、無料写真素材のACさんからお借りしました。

30代でグランドスタッフを目指すことは現実的?

グランドスタッフに20代前半のスタッフが多い理由として、以下の理由があります。

  • 給与水準が低い
  • 早朝深夜の過酷な勤務があるので、体力勝負となる

グランドスタッフとして勤務している人の多くが、ハンドリング会社の社員です。各エアラインからの委託業務で、悪く言えば下請け会社です。

各エアラインからの受託料は、イレギュラーで残業がない限り一定額となります。ハンドリング会社としてはもらえる額(パイ)が決まっているため、スタッフの昇給額も非常に限られたものとなります。世間一般の会社に比べて、30代の社員がもらえる給与水準は高いとは到底言えない額です。

また、早朝深夜の過酷なシフトも多く、体調不良になるスタッフも多いです。私もその一人でした。よって、体力が一番ある20代スタッフが、会社に残る傾向があるのです。

しかし、給与についての考え方や、体力も人それぞれですので、こうした要素があることに、自分なりに折り合いをつけられれば、30代でグランドスタッフを目指すことは十分可能です。

30代未経験でもグランドスタッフに転職は可能?

では30代未経験者の場合でも、グランドスタッフに転職は可能なのでしょうか。

これは、会社によります。グランドスタッフ業務自体に未経験でも、ホテル・旅行業といった性質の近い業種からの転職であれば、職歴を評価してくれる可能性は充分にあります。

総じて、ハンドリング会社は門戸が広い傾向にあります。私の在籍していた会社でも、30代後半の未経験者が入社してきたことがあります。

しかし、エアラインの場合は業界経験者であれば年齢不問でも、未経験の場合では30代は応募できない求人を見たことがあります。

ちなみに私自身が航空業界に入ったのは、29歳の時でした。

20代前半のスタッフとの関係

30代でグランドスタッフを目指している方に知って頂きたいのは、20代前半のスタッフとの関係性は、難しい場合もあるということです。

グランドスタッフのボリューム層である20代前半のスタッフは、入社して1年ぐらい経過すると、自信過剰になる人も多いです。悪く言えば、すぐに先輩面をするということですね。

人間的に敬意を持って接することが出来ない人もいるので、注意が必要です。私も20代前半の頃は、そういう面もあったと今は反省しています。

30代でグランドスタッフとなる方は、年上と言っても後輩には違いありませんので、年下の先輩との接し方は、入社当初は辛いものとなることも覚悟が必要です。

しかし、グランドスタッフの勤続年数が短いことを考えると、1年もすれば気に入らない先輩もどんどん退職していきます。最初のうちは耐え、先輩となった暁には長い職歴をベースに、年下の社員とは異なる貫禄を見せることができれば、それが大きな強みとなるでしょう。

まとめ

色々と大変な要素もありますが、それは他の職業でも同じです。グランドスタッフとして、過酷とされる要素が、自分にも過酷なのかと言えば、それは人それぞれです。

20代の後輩に理不尽に当たられることもあると思いますが、自分が先輩になったときには、それをあなたの後輩には絶対にしないようにお願いします。

グランドスタッフとして社内で先輩になった際には、後輩には厳しく接することも必要な場合もありますが、理不尽なことは止めてください。人生経験が長い30代の方は、良いグランドスタッフになれる可能性は大いにあります。

30代から新たにこの仕事を目指す方は、気後れせず、しかし覚悟を持って挑戦して頂きたいと私は思います。