プライベート・チャーター機(BJ)のレッドカーペット

プライベート・チャーター機(以下BJとします)ハンドルリングでは、レッドカーペットを使用します。定期便では使用しないものなので、私もBJの運航支援に携わり、初めてお目にかかりました。

BJ用レッドカーペット使用方法

BJは基本的にPBB(ボーディングブリッジ)を使用することもありません。下記の写真のレッドカーペットを置かないと、ランプ内のコンクリート面をPAXが歩くことになります。

※BJにはステップが機体に内蔵されており、スイッチを操作すれば、ステップが下りてきます。因みに、上記写真はガルフストリーム社の機体です。

それを防ぐため、レッドカーペットを置きます。写真の手前のレッドカーペット端に、送迎車両が停車するのが普通です。

With the 'Leap Day' of February 29th approaching, here are just three ways private jet charter can make every minute count on an extra-special day.

※画像は上記サイト、Private flyよりお借りしました。

上記写真のガルフストリーム社製機体の全体像は、下記の写真の通りです(機種ごとに多少違いがあります)。

The world's finest aircraft

GLF4(ガルフストリーム4)

プライベート機オーナーに、人気がある機体です。プライベート機と言えば、ガルフストリームと言っても過言ではありません。

レッドカーペットの保管と使用

BJの運航支援を行う会社は、普段オフィスや社用車の中にレッドカーペットを置いておき、ハンドリングの際に持参します。

長さもあり、案外重いので、雨の日や風が強い日にはちょっと重荷です。巻物のように、普段は巻いた状態で保管します。

到着及び出発時、パッセンジャーステップの前に置いて置き、PAXがランプ内の路面を直に歩くことが極力ないようにします。

※ランプについては、以下の過去記事をご覧ください。

今回は、航空知識編です。 用語の解説、そしてそれらの用語を、グランドスタッフがどう使うかという事例も併せてご紹介しています。 ラ...

取り扱い注意

ある日、雨の強い日のハンドリングで、レッドカーペットを使用しました。傘を差しながら、レッドカーペットを転がし、パッセンジャーステップの前に設置します。

その便のハンドリング自体は問題なかったのですが、「レッドカーペットのハンドリング」に問題があり、その後ちょっと大変なことに…

雨で濡れたランプ内の路面。

当日は雨でランプの路面も濡れており、カーペットが水浸しになっていたのですが、そのまま巻いて社用車の後部に放置してしまったのです。

後日のハンドリングで、社用車に乗ったところ、後部から臭いが…正体はもちろん、レッドカーペットです。

慌ててレッドカーペットを出し、駐車場で干すことに。ファブリーズやらを散布し、しばらく干したところ、なんとか臭いが抜けました。重いものですし、取り扱いも大変ですが、適切な取り扱いをしないと、後で面倒なことになります。

まとめ

BJで専用のツールである、レッドカーペット。清潔にしておかないと、PAXにも不快な思いをさせてしまいかねませんし、ちょっと取り扱い注意ですね。

※アイキャッチ画像ならびに本文画像は、無料画像のPixabay (https://pixabay.com/ja/)よりお借りしました。