コロナ禍の羽田に現れた外交機(インドネシア政府専用機)

2021年3月27日、管理人が羽田空港(第3ターミナル)に取材に行った際、インドネシア政府専用機を発見しました。その時の様子をお伝えします。

※本記事使用の写真は、全て管理人撮影。

インドネシア政府専用機(B777-300)

この機体(PK-GIG)は3月26日に、GIA7500便としてSVO(モスクワ)から飛来しています。定期便と異なり、便名が4桁です。ルトノ・インドネシア外務大臣及びプラボウォ・インドネシア国防大臣の来日していたとのこと。

菅総理は、総理大臣官邸でインドネシア共和国のルトノ・マルスディ外務大臣及びプラボウォ・スビアント国防大臣による表敬を受けました。

白地の機体に赤ライン。尾翼のgarudaの文字もいいですね。シンプルレトロな装いがいいと思います。

機体番号は「PK-GIG」

グランドスタッフが業務で使用する用語を解説します。

↑機体番号については、上記過去記事をご覧ください。

実は政府・民間共用機

この記事を執筆するため、その後の運用履歴を調べていたところ、3/31に一旦CGK(ジャカルタ)に戻り、本日(4/2)は定期便として羽田から出発したことが確認できました。

一般国民でも搭乗可能な「政府専用機」ですね。フィリピン政府も、フィリピン航空(PR)の通常の機体を政府専用機として運用しているため、こういった運用は珍しくないようです。

※画像は、flightradar24からお借りしました。

132番スポット停泊中。

トーイングされ、141番スポットに移動しました。エンジンカバー付きです。

私はプライベート・チャーター機ハンドリング会社時代、外国政府専用機を何度かハンドリングしたことがあるのですが、停泊中にエンジンカバーを装着していた機体はありませんでした。

132番スポットと141番スポットの位置関係は、以下の通りです。

※ https://aisjapan.mlit.go.jp/Login.doのチャートより、お借りしました。

空港内のチャートの見方

上記リンク、国土交通省航空局が提供する、「AIS JAPAN」では、空港内のスポット図等が無料で参照できます。使い方は、以下の記事をご参照ください。空港での撮影、見送りといった状況でも役に立つツールです。

空港のチャートを見る方法 空港にはランプ(駐機場)があり、車の駐車場と同じように、各スポット(車で言えば駐車場の番号)には番号が割り振られ...

まとめ

コロナ禍の現在、外国政府特別機の発着も、以前と比較すれば少なくなっているようです。そんな中、インドネシア政府専用機を見ることができました。

インドネシアもバリ島を代表とした、観光地が多くありますね。管理人としても、コロナ後に行きたい国ベスト3に入っています。

早く一般の人にも、海外と自由に往来できる日が再び来るよう、強く願うばかりです。