ランプ内駐機と台風のリスク

ライプ内への駐機

通常、多くの空港ではランプ内に航空機が駐機しています。ランプとは、航空機の駐車場とも言うべき場所で、燃料補給や荷物・貨物の搭載や降載といった、航空機地上支援業務が行われる場所でもあります。

今回は、航空知識編です。 用語の解説、そしてそれらの用語を、グランドスタッフがどう使うかです。 ランプ 航空機が駐機されて...

ちなみに航空機がその日の運用を終了し、翌日に運用を開始するまでに、駐機することをナイトステイといいます。

羽田空港ではコロナ渦以前、公道から見える900番台スポットに早朝、CX(キャセイ航空)、BR(エバー航空)等の航空機が駐機しており、私も空港の出勤時にはこうした航空機を眺めるのを、楽しみにしていました。

※羽田空港でナイトステイに使用されていたのは、主に黄色部分。上記スポットチャートは、国交省が提供するAIS JAPAN→https://aisjapan.mlit.go.jp/Login.doよりお借りしました。

コロナ可ランプ内駐機と台風リスク

依然として世界的にはコロナ渦にある現在、普段にも増して、多数の航空機がランプ内に所狭しと駐機されています。

当ブログでも、緊急事態宣言下から解除後まで、数回に渡り羽田の駐機状況を取材しました。

7月3日、羽田イノベーションシティーの開業を見るついでに、羽田空港のランプ内の状況を撮影してきました。 羽田空港の現状 海外エアラインの...
4月12日の当ブログ投稿で、羽田空港のランプ内の様子を中心として記事を送りしました。5月2日にも、再度自転車で羽田空港を訪れ(ターミナル内に...
現在大半の国際線フライトと、国内線も欠航が多い羽田空港の様子を取材しました(2020年4月10日)。 ※エアカナダ、ガルーダインドネシ...

台風シーズンの現在、ぎっしりと駐機された航空機は、すぐに動ける状況になく(トーイングをして機体を動かさないと、すぐに飛べない位置に駐機している機体もあるようです)、台風接近時には、早めの対策が求められそうです。

SYDNEY/TAIPEI--Airlines, airports and insurers across Asia are bracing for the prospect of unusually

BR(エバー航空)では、自社機を格納庫に入れたり、他の空港に飛ばすなどの対策をするようです。

※2020年7月撮影(管理人撮影)

素人目にも、多数駐機された機体は、万が一にも強風で煽られてしまい、接触することがあれば、ダメージが大きいのではと思っていました。羽田空港にはもちろん格納庫がありますが、収納できる機体は、全体から見ればごく僅かです。現実的なのは、上記記事にも書かれている、燃料補給やギアに重しをつけるといったものでしょうか。

私もプライベート・チャーター機ハンドリングをしていたとき、台風接近の際は、機体にチョークを二重にかませるといった対策をしました。台風が迫る中、風や雨脚が強くなる中、駐機スポットで作業したことを、今でもよく覚えています。

当時の上司から、「お預かりしている機体の安全を確保するのも、ハンドラー(航空機運航支援従事者)の責務だ。」という言葉を聞き、台風等の気象条件にも充分注意を払いながら、機体を守ることも重要なのだと認識しました。

まとめ

航空需要減で、多くの機体がランプ駐機している現在、台風等の自然災害による、機体へのダメージがないことを願います。ハンドリングに携わる皆さん、どうかご安全に。

※アイキャッチ画像ならびに本文画像は、無料画像Pixabay(https://pixabay.com/ja/)からお借りしました。