航空機のデアイシング・アンチアイシング(防除氷雪)作業

デアイシング(De-icing/Anti-icing)作業とは?

航空機に付着した、氷・雪・霜などを除去した後、更に氷・雪・霜が付着しないようにする作業です。この作業には、温水をかける、高圧空気、防除氷液を使用します。

エアベルリンの機体の除氷中の様子

上記写真では、除氷車が作業を行っています。除氷車はまず、雪や氷を、高圧空気や温水、TYPEⅠという除雪液で除去します。その後、TYPEⅣという防氷液を使用し、氷や雪の付着を防ぐ措置をします。しかし、防氷液を機体に散布したからといって、いつまでも有効なわけではありません。

防氷液の効果が持続する時間を、ホールドオーバータイムといい、気象条件にもよりますが、約15分程度とされています。このホールドオーバータイムを見積もり、出発前に作業を実施します。

日本では、関東化学工業が製造・販売する防除雪氷液が有名です。

関東化学工業株式会社は、クリーンエアクラフトコンセプトに準じた航空機用融氷液の製造販売を致しております。当社で製造している融氷剤はホールドオーバータイムが長く、性能的にも世界中の多くのエアラインで信頼されている製品です。

この防除氷液ですが、プロピレングリコールという物質を使用しています。自然分解する物質であるとのこと。しかし、雪の多い千歳空港では環境に配慮し、そのまま河川に流れないよう、調整池を設けているとのことです。

https://www.cab.mlit.go.jp/tcab/img/cool/allv7.pdf

飛行中に使用する防除氷雨装置

前述のデアイシング・アンチアイシング作業は、地上で行うものですが、航空機は当然、航行中に雪や氷といった気象条件に見舞われます。こうした事態に備え、航空機には防除氷雨装置が装備されています。

エンジンの空気取り込み口や、運航には欠かせない、速度(対気速度)を測定するピトー管等に、防除氷雨装置が装備され、凍結を防いでいます。

※ピトー管は黄色で囲った所、ヒゲのような部分です(管理人撮影)。

ピトー管が凍結してしまうと、速度の測定に支障が発生し、速度計に表示される値が狂ってしまい、事故に繋がるケースもあります。

デアイシング(De-icing/Anti-icing)作業を怠ると…

下記リンクで紹介されている例を見ると、デアイシングが不十分なことに起因する、離陸直後の失速による墜落、離陸後のトラブルによるダイバートといった事例が紹介されています。

ダイバートとは、目的空港の変更です。よろしければ、当ブログ過去記事をご覧ください↓

航空機のダイバートとは? ダイバートとは、航空機が当初予定していた目的地ではない別の空港に、何らかの理由で目的地を変更することです。 ダ...

翼に雪・氷・霜が堆積していると、充分な揚力(浮く力)が確保できず、危険な状態になります。

翼に雪が積もった、SAS(スカンジナビア航空)の機体

運航乗務員がデアイシングの必要性について、認識不足だったことによる事故もあり、非常に怖くなります。必要性をきちんと認識し、デアイシング・アンチアイシング作業を実施さえすば、防げる事故だったということですね。

雪の中をタキシングする、アエロフロート機

上記写真のような状況だと、デアイシング・アンチアイシング作業を実施する、グランドハンドリングスタッフも、歩行時や車両の運転時に、充分な注意が必要ですね。

まとめ

私もプライベート・チャーター機ハンドラー時代、冬季にCTS(千歳空港)発着のハンドリング手配を実施する際、出発時のデアイシング・アンチアイシング作業をオーダーしていたことを、思い出しました。

今回は冬季の安全運航には欠かせない、デアイシング・アンチアイシングの話題でした。

参考文献 社団法人 日本航空技術協会 「航空機のグランドハンドリング」

※アイキャッチ画像ならびに本文画像は、無料画像のPixabay (https://pixabay.com/ja/)よりお借りしました。