航空業界への就職・転職まとめ(2020年)

未だにコロナ渦の現在、航空業界への就職・転職という選択肢は極めて限られています。

現在の航空業界への就職・転職戦線

今朝(10/23)、NHK総合の7時台のニュースで、航空業界への就職戦線についての報道がありました。

専門学校のエアライン科の学生、教員の方々、航空業界への就職を希望している、大学4年生が取材されていました。エアライン科といえば言うまでもなく、グランドスタッフやCAを志望されている方が在籍する学科です。

しかし、英語力や人間力を他業界への就職へ目指す方向へ、ひとまず転換する学生も増えているとのことです。

今年はANA・JALともに、新卒採用を中止しており、航空業界の就職にあたって、新卒カードを切るチャンスが大幅に減ってしまいました。

大学生の場合、休学するという手もあり、実際に番組で紹介されていた大学4年の方は、休学して、2021年に就職活動を行うこととしたようです。

しかし、2021年には航空旅客需要はある程度回復するというのは、あくまで予測ですので、実際の状況は誰にも分かりませんね。チャンスが増える可能性は充分にありますが、回復するという保証はないため、来年も苦戦を強いられる可能性もまた大きいのではと、私は考えます。

他業界へ就業するという代替プラン

以前当ブログでは、以下の記事をお送りしています。その中で、英語力をベースに、一旦多職種への就業を目指すプランについても言及しています。

現在、国内線においては順次運航再開の動きが見られますが、国際線にとっては非常に厳しい時世となっています。 Flightradar24で...

例えば貿易事務といった業務は、英語を使う事務業務ですね。その他の英語を活かせる求人については、Indeedで、「英語 事務」、「英語、オフィスワーク」と検索してみるのがいいでしょう。グランドスタッフ・CAを目指す方は、英語力を磨いている方が多いと思いますので、おススメのプランです。

Indeed(インディード)では、あなたの次のキャリアを探すためのあらゆる求人情報をまとめて検索できます。求人検索や履歴書、企業クチコミなどの様々なツールであなたの就職活動をサポートします。

代替プランで他業界へ就業した場合でも、航空業界への就業よりも、良い待遇を得られる可能性も高いと思います(土日・祝日休み、昼間の勤務のみ等)。

航空業界で狙える職種

貨物ハンドリング

航空業界でも、貨物ハンドリング関係職種は、現在でも就職・転職のチャンスがある職種だと考えられます。人と人との往来が減っても、物流は途絶えることがありません。

貨物ハンドリング(事務・現場での貨物ハンドリング作業)は、狙い目と言えます。

プライベート・チャーター機ハンドリング
コロナ渦での移動手段として、プライベート・チャーター機が果たす役割は大きいでしょう。他のPAXとの接触を最小限に抑えられ、感染リスクも下がります。

ビジネス目的での渡航は認められる動きが、世界各国で出始めているため、定期旅客便の前に、プライベート・チャーター機需要が一足先に復活する可能性も、大いにあると私は予測しています。

まとめ

現在の状況では、航空業界への就業は、難易度が格段に上がりそうです。

他業界への就業し、チャンスを待つ。もしくは、航空業界に拘る。どちらも選択肢です。ご自身の状況も踏まえた方法で、航空業界への就業チャンスを掴まれることを、願っています。

※アイキャッチ画像ならびに本文画像は、無料画像Pixabay(https://pixabay.com/ja/)からお借りしました。