諦めきれないPAX

LL業務とは?

LL業務は到着のBC(バゲージクレーム)で待機し、PAXのバゲージについてのクレームを受けたり、DLY対応をする役割があります。

詳しくは、過去記事でご紹介しています。

今回は、グランドスタッフが担当する業務で最も地味な、LL業務についてお伝えします。 LL業務とは Lost&Foundの略で...
前回の記事では、LL業務について、主に未着対応のお話でした。 今回は、到着担当としてLL業務に従事している際、その到着便から別...

ある日のLL業務で

その日私は、東南アジア某国のキャリアのLL業務を担当していましたが、事前の未着情報もなく、無事終わるのかなという予感をもって、バゲージを返却するターンテーブルの側に立っていました。

ターンテーブル上にあるバゲージの数が減っていくに伴い、PAXの数も一人、また一人と減っていきます。ついに残り一人のPAXとなりましたが、私はなぜそのPAXがまだ残っているのか、一瞬分かりませんでした。

スーツケースも手元に届いており、全てのバゲージが揃っているかのように思えたからです。程なくして、そのPAXからついに私にコンタクトがあり、届かないものについて問い合わせがありました。

果たして未着となったものとは…

未着となったもの

それはなんと、「ビニール傘」でした。飛行機の中に、傘を機内持ち込みすることはできますが、フライト中は絶対に使う機会はありませんから、預けてしまうPAXも多いです。

株式会社成田エアポートテクノは、成田国際空港内にあるさまざまな特殊機械設備の保全業務を行っています。

ちなみに、バックパックやビニール傘といったもの(BHS(バゲージハンドリングシステム)で搬送する際、重心が安定しないもの)は、以下の「通い箱」と呼ばれるものに入れて、カウンターから流します。傘の場合は、テープで通い箱に固定します。

通い箱

※画像は株式会社成田エアポートテクノ様の上記サイトよりお借りしました。

当該のPAXは諦める様子はなく、捜索して自宅に送ってくれないかとのこと。

結局、通常の手順通り未着に関する書類の記入をしてもらい、翌日の便で、私の勤務空港にフォワード(送ること)してもらうことに。ビニール傘は数百円程度のものですし、諦めて帰宅すれば、書類を記入する手間も省けたと思います。

PAXにとっても、グランドスタッフにとっても、このような手間をかけるのは不幸だと思ってしまいました。しかし、物に対する価値観は人それぞれですので、責めることはできませんね。

まとめ

例えば電車にビニール傘を忘れたら、諦める方が大半だと思います。捜索する手間と時間を考えたら、その方が合理的ですからね。

LL業務は、航空会社の落ち度(バゲージの搭載忘れ)やメンテナンスによるDLYに起因する事象の対応が必要で、お怒りのPAXも多く、大変な業務です。

※アイキャッチ画像ならびに本文画像は、無料画像Pixabay(https://pixabay.com/ja/)からお借りしました。